×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

logo

DIY日記−Dohm(ディオーム)シートカバー取付

2008年6月27日

photo
ワゴンR号を中古で購入後、早2ヶ月あまりが経過しました。
購入時には大して気にならなかったのですが、流石に2ヶ月間 毎日運転しているとシートのあちらこちらに汚れが付着している のが気になりだしました。



photo
シートクリーナー等を駆使して汚れの除去を試みるも、なかなか 思うように綺麗にならず、更には細かい生地の解れまで発見する 始末...(泣)。
それならいっその事シートカバーを付けてしまえ!(笑)と相成りました。


photo
今回装着する製品はDohm(ディオーム)と言うブランドの物です。
本皮仕様を装着する金銭的余裕も無い為、PVC製品の中で幾つか 候補をピックアップし散々迷った(笑)あげくこの製品を選択しました。
さて、吉と出るか・凶とでるか。

photo
梱包されてきた箱を確認すると、型番のチェックとMADE IN CHINA との記載が...あれあれっ中国製ですか。(苦笑)
まあユニクロだって中国で作っているし〜それだけコストを抑えて 良い製品を作っているのだろう!と勝手に自分を納得させて開封 すると!!!。
...クサイィ〜!!!接着剤と言うか溶剤と言うか 何か昔のビニール製品では定番だったあの臭い!。
ホントにホルムアルデヒドがゼロなんかいっ!って突っ込みを入れ たくなりましたが、ともかく装着を開始します。


photo
装着は比較的簡単でした。
主に座面部分はシート下部で ゴムバンド若しくは紐で留めるだけ。
背もたれ部分はマジックテープ によって前後を合わせるだけでした。
ただ、ワゴンRの場合は後席の肘掛については一度取り外す必要が ありました。
後部座席完成。

photo
前部座席完成。
作業時間は、1シート分終わったら一服(ふぅ〜)なんてペースで やっていたので2時間半くらい掛かりましたが、気合をいれて作業 すれば1時間も掛からないのではないかと思います。
作業を終えてシートを眺めてみると。
イイですね〜!。
チョッと高級感(笑)が出てきたような感じです。
見た目は申し分なしでした。
座った感じは、背もたれセンター部分のフィット感が若干甘く浮いて いるような感じがします。
が、概ね良好、シート素材の質感も悪く ありません。
開封当初の不安(笑)から比べれば満足出来る製品だと思います。

※ただ、アノ臭いは一週間くらい消えませんでしたが...(苦笑)。


参考サイト
Clazzio     ■ベレッツァ         ■ユアブランド      ■ボンフォーム
Autowear   ■Dotty Enterprise  ■9999         ■SUPERIOR
Artina      ■Dohm           ■GARSON      ■ルーツ


  mark           mark           mark