×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

logo

コーティング剤レビュー−プロスタッフ 艶タフコート

2009年12月07日

photo

プロスタッフ(タケハラ)さんから発売されているミスターマジック艶タフコート。
管理人が特に目的も無くフラフラと(笑)自動後退でウィンドウショッピング(爆)をしていると、 1280円で投売りされていたので衝動的に購入した製品。
パッケージ裏のメーカーの謳い文句としては、
・塗りこむだけで見違える艶
・洗車機連続50回以上に耐える耐久コーティング
・防汚:水アカ・油汚れから強力にガードし、耐久性アップ
・艶:コート面を滑らかに仕上げ、鏡のようなツヤを引き出す
・撥水:PEワックスとの相乗効果で、より高い撥水を実現
・耐久:バインダー効果によりコーティング成分を確実に密着

となっており、基本的にはソフト99 ミラーシャインやスピード&バリアと同様な簡易コーティング剤に分類される製品で、この手の簡易コーティング剤の定番であるフッ素が配合されており 高耐久性を謳っている製品となります。
最近のこの手の製品には珍しく
シリコーンレジン、シリコーンオイル、フッ素樹脂、PEワックス、非イオン界面活性剤、陰イオン界面活性剤
などの成分表示となっており、今流行りのガラス系ではなくシリコンワックス系の製品となっています。


実際の施工感は
6/20日記より
基本的にはMFクロスに薬剤を付けボディに塗り伸ばしていくだけ...なんですが、 当日は日中の気温が30度近くもあったせいもありボロボロの状態に。
薬剤自体は適度に伸びてくれる為塗りにくいことは無かったのですが、 薬剤を塗り伸ばした部分がムラムラになってしまい、他のMFクロスでいくら乾拭きを 行っても既に薬剤が乾いてしまいムラが全く取れない状態に...(泣)


7/4再施工
固く絞った濡れクロスに薬剤を500円玉大に付ける。⇒パネルごとに塗り広げる。⇒乾いたクロスで乾拭きを行う。
本日の気温も前回よりは低い為か、濡れクロスによる施工の為か作業は予想以上に楽に仕上がりました。
塗り広げる段階で多少の斑があっても今回はその後の乾拭きでほぼ完璧に斑を消すことが可能となりました。


とまぁこんな具合で施工性も単純にクロスで塗り伸ばして終わりと思いきや!
管理人が不器用な為か結構苦労するはめとなった次第です。
施工直後は非常にしっとりとした落ち着きのある光沢・艶になり、まるでポリラックを施工した直後のような感じです。
施工直後の傷消し効果も中々優秀で鍵穴周辺の引掻き傷などはパッと見には判らない程度の隠蔽性を発揮していました。
但し薬剤の主成分がシリコンの為か帯電性はかなり悪い部類で、ダークカラーでは埃が目立ってしまうと思われます。又、初期性能が高かった傷隠蔽性なのですが一雨毎に効果が薄れていく感じで、約1ヶ月程度で傷が出てきてしまいました。


撥水性は強撥水性で施工当初はコロコロと水が流れてゆく様は、見ていて壮観です。


耐久性はどの部分を重視するかで見方が違ってきます。
傷の隠蔽性を重視するなら約1ヶ月程度。
皮膜が残っていればOKであれば約半年(管理人検証済)くらいは持つのではないかと思われます。
但し、半年後は若干水を弾いているかな?くらいでボディには大小イオンデポジットがこびり付いている様な状態でしたので、個人的にはせいぜい3〜4ヶ月程度が限界かと思います。


総評としましては、ポリラックのようなしっとりとした光沢・艶が好みの方にには値段も安価ですのでオススメしても良いのではないかと思います。
良い状態を常に保つのであれば、1ヶ月ごとくらいでの再施工を推奨いたします。



  mark           mark           mark