×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

logo

洗車日記  洗車日記 SNK(新日本交易) ピンクダイヤモンド 施工記。

2009年08月09日

photo

今回はSNK(新日本交易)さんのピンクダイヤモンドを施工します。
なぜ、唐突にピンクダイヤモンドなの!っといいますのは、プレゼントに当選したからです。(爆)
まぁ当選したからといって贔屓な検証をするつもりはありませんが(笑)。
SNK(新日本交易)さんといえばDIYコーティング業界ではかなり古参のメーカーで『酸化しないコーティング』、皮膜の厚さ『2μ(理論値)』、皮膜の固さ『9H』、『UVカット』など数々のキャッチフレーズで注目を集めているメーカーです。


その中でもピンクダイヤモンドはプロ用の上位製品で、メーカが謳う効能としては、
ピンクダイヤモンドはクリスタル5のパワーアップ版でプロ向け製品です。前作(クリ5)では新素材のセルロースが入ったことに価値がありましたが、その後研究が進み、セルロースをどう使うか?の部分に大幅改良の余地があったわけです。セルロースの組み込み方が改良されることで、緻密性がアップしましたので、光沢がアップしました。また、被膜の組成が合理的になり、より安定した被膜形成が行われます。このため、出来のばらつきが大幅に改善されましたので、お客様には差の無い施工結果をお届けできます。2μ(理論値)・9H・UVカットはこれまでのものと共通です。
との内容なのですが、内容成分はセルロースが入っている事意外は不明です。
もう少しユーザーに解り易い解説をして欲しいものです(苦笑)。

photo

施工方法は乾式施工です。
コーティング用スポンジに数滴ピンクダイヤモンドを垂らし、ボディに縦横斑が無いように塗り広げていきます。
施工中は薬剤を塗りこんだ部分がわかり易く、薬剤じたいも良く伸びてくれた為、比較的簡単に塗りの作業は終える事ができました。


その後は3分程度おいた後に乾拭きにて仕上げる方法と1時間程度おいた後に水洗いで仕上げる方法があります。
乾拭きの方が仕上がりの光沢が良いとの事なので、今回は乾拭きで仕上げていきます。
ちなみに薬剤の使用量ですが、30mlのお試しサイズでちょうどピッタリでした。


photo

黒樹脂部分は嫌味なほどテカテカに光ります。
これは、チョット好みが別れるかもしれませんね。








photo

ボディの乾拭きはシュアラスターの鏡面拭きあげクロスを使用して行いました。
特にこびりついて拭き取り難いとかは無かったのですが、拭き取ったクロスがヌメ〜っとして何だかグリスやポマードを拭き取ったみたいです。
感覚的にはポリラックの拭き取りよりは多少楽かな〜と思います。



photo
乾拭きだからでしょうか、今まで管理人が施工してきたガラス(珪素)系の薬剤の場合は、 施工から数時間以上たたないと光沢・艶は出てこなかったのですが。
このピンクダイヤモンドは乾拭き直後からハッキリとした光沢・艶を見せてくれます。
いかにも何か塗っていますよ〜といった感じの皮膜感。
もう薄いラップを貼ったような...ていうレベルじゃないです。
キラキラと言うよりはヌメ〜っとした光沢。
ワックスのように濡れたような艶。
そしてツルツルの触り心地。


施工直後の感想としては、皮膜の硬さはよく解らないけれど皮膜の厚さ『2μ(理論値)』はまんざらでもないなと思ったしだいです。









  mark           mark           mark



ピンクダイヤモンド