×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

logo

洗車日記 NewBEAMを試す

2011年04月29日


photo
読者の皆様、大変ご無沙汰してしまいまして申し訳ございませんでした。
年が明けてから早4ヶ月が経過してしまいました。
なんと今年初の洗車となります。
パット見はそこそこ綺麗そうなんですが...。


photo

こんな所に擦り傷があったり。

photo

こんな所にも擦り傷があったり。

photo

更に原因不明の染みが!。

photo

細かい部分を見て行くとヤッパリ相当汚いです。

photo

早速シャンプー洗車を行った後、磨きを行う事にしました。
シャンプーは何時ものソナックス:グロスシャンプー 濃度普通。
磨きはマキタ BO5030
第一工程でウールバフ+3Mハード1L。
第二工程でスポンジ細めバフ+3Mハード2L。
何か何時もと代わり映えがしないので磨きの画像はカット(笑)で。

photo
素人の磨きでも

photo
之くらいまでは

photo
綺麗になります。

photo

CAR COATING SHOP VIEW から発売されているガラス系コーティング剤ニュービームです。
HPを見てもらうと眩いばかりの車が多数掲載されており、自分でつくる、超光沢、高皮膜、超耐久のショーカーコンディション!が謳い文句らしいです。
一番スタンダードなニュービーム40セットではまぁそこそこお手頃な値段だったので、お試しで購入してみました。


photo

蓋をあけてみると...なんじゃこれは...薄いクリーム色のドロドロした物が。
何かマーガリンとかヨーグルトとか...むか〜し駄菓子屋にこんな感じの何とかヨーグルトってお菓子があったような...。
説明書によると数十秒掻き混ぜるらしいです...ますます駄菓子じゃん。


photo

薬剤を良く混ぜたら、ワックスの様に縦横斑なく塗り広げて行きます。
乾燥時間は45分〜90分(天候等による)との事だったので、約90分待ってからワックスの拭き取りよろしくマイクロファイバークロスで拭きあげて行きます。

photo

そして、付属のクロスを固く絞って仕上げ拭きを行って行きます。



photo

仕上り後の画像です。
ボディ全体の透明感がグッと1ランク上がった感じがします。 磨きを入れた影響かとも思ったのですが、画像を比べても明らかにニュービームを施工後のボディの方が透明感・明るさ共にアップしています。



photo

シルバーでここまで映りこんでくれれば十分ではないでしょうか。



photo

ニュービームの商品説明に陶器のような艶との表現があったんですが、まさに陶器のような艶です。


ここまでべた褒めの状態なのですが、現在施工から約1週間経過しています。
1回小雨に降られたんですが、現在の黄砂が飛交う状況では仕方ないのかも知れませんが、結構雨染みが残っています。
帯電性に関しては良さそうなんですが、防汚性に関しては余り良くないのかも知れません。
経過を観察して行きます。






  mark           mark           mark